バラし始め


今朝の富士山。

10分ほど寝過ごした。

広告


でも、久しぶりに早朝から富士山が見えた。


少し雲があると、山頂の色の変化も面白い。


今日から学校が再開。

やっと少しバイクをいじれるかな。

とりあえず、タンクの補修は今日で10回目の重ね塗り。

今回でそれなりに盛り上がったので、重ね塗りは終わりにして、しばらく乾燥させます。

ただ、見えない他の部分も少し補修したいので、チマチマと進める予定だけど、この補修が成功しなかったことを考えると無駄な作業になってしまうので、やっぱりほっとくか。

タッチペンもほぼ使い切ったので、新しく買うべきかどうか悩む。

 

さて、やっと本体をいじり始めます。

と言っても、とりあえず色々とバラすだけだけど。

埃は拭けばキレイになるけど、とにかく謎のシルバー塗装とサビが厄介だ。


あ、そう言えば先日届いたリアスタンド、OEMで自分が買ったのはツールズアイランドじゃない云々と書きましたが、包装を解いてみたら、ツールズアイランドのステッカーが貼ってあった。

OEMっていうか、(違う会社から買ったのに)そのものズバリでした。

まあ、モノはしっかりしてそうだし、気にしないけどね。

リアスタンドに立てるのにはまずFブレーキを固定します。

超心配だったので、何度か慎重に練習してできるようになりました。

こうなると、ボロいバイクでもなんか雰囲気出てくる。

午前中の時間を使ってできるところまでバラします。

まずは、エアクリーナーカバーを外す。


さらにエアクリーナーケースを外すとキャブレターが見えてくる。

Vツインだけあって、左右非対称でカッコいい。


キャブレターにつながるケーブル類(スロットルケーブル、チョークケーブル)を外す。

狭い場所なので結構大変。

そして、キャブレターバンドを緩めれば、キャブレターが外れる。

って、サービスマニュアルに書いてあるけど、これがなかなか外れない。

かなり時間をかけて、最後は力づくで外れた。


とりあえずエンジン内にゴミなどが入らないように養生。

これで燃料装置(キャブレター)が完全に外れました。


続いて、冷却装置(ラジエター)を外します。

まずは、クーラントを抜きます。

先にドレンボルトを外したら、なかなか出てこない。

サービスマニュアルを確認すると、その前にラジエターキャップを外せと。

そりゃそうだ、と思ってラジエターキャップを外した途端に勢いよく出てきて、バケツをOB。(後ろの新聞紙)

ドレン抜きはエンジンにも付いているので、合計2箇所。


クーラントが抜けたら後はバラしていくだけ。

ですが、ネジ類がとにかく固着していて大変でした。

また、ホースを外す度に、ホースの中に残っているクーラントがこぼれ出てくるし。

サーモスタットを外す。


ラジエター本体を外す。


ウォータポンプパイプを外す。

ほんとはもう一箇所外したいパイプがあったけど、かなり複雑な作業になりそうで時間がなかったので諦めました。

ってことで、今日はここまで。


本日の収穫。

ここにあるものは、なんとかキレイにできそうだけど、とにかく本体のサビと謎のシルバー塗装に時間がかかりそう。


それからFフォーク。

この黒い点サビはどうやってもキレイにはできないので、インナーチューブだけヤフオクで物色してまして。

リプロ品で新品にするか、純正品の程度のいい中古を買うか迷ってましたが、リプロ品の品質が心配なので、中古パーツを探す方向にしました。

で、ヤフオクで探すとほとんどがこの写真のように黒い点サビが目立ちます。

どうにか、2点良さげなのを見つけたのですが、値段もほぼ同じだし、どっちも同じように見えて迷ってました。

なので、質問してみたら、次のような回答が。

A:Fフォークの曲がりありません。多少の点サビはありますが、酷い物はありません。

B:インナー軽い点錆ありますが、磨けばよくなるかもしれません。

という回答。

ますます迷います。

ちなみにAの方はステムやフロントホイールなども一緒に付いてきてBとほぼ同額。

ってことで、迷っても答えが出ないので、お得感のあるAの方を即決で落札。(付属品を使うのかどうか迷うけど)

ちなみに5の付く日(今日)は5%割引で購入できるので、回答をもらっても今日まで入札を待ってました。

どんな代物が届くのか楽しみです。


それにしてもなかなか進まずに、先が思いやられます。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: パーマリンク

2 Responses to バラし始め

  1. ピンバック: サブフレーム外しました | としろぐ

  2. ピンバック: 純正ブラックでいきます! | としろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です