匂いは全然違った

昨日に引き続き、今日も北部で仕事だったので、昨日調べて気になったムーチーの葉について実際に確認してきました。

まずゲットウの花は垂れ下がります。

DR-LC140521-2908

 

もっとも紛らわしいクマタケランの花は上向きでした。

しかもよく見比べると結構違うんですね。

DR-LC140521-2878

 

参考までにアオノクマタケラン。

DR-LC140520-2854

ゲットウとクマタケランはかなり似ていて、図鑑でも両者ともにムーチーの葉として利用されると書いてありましたが、実際に匂いを嗅いでみたら全然違いました。

ゲットウの方が圧倒的に殺菌作用が強そうな独特の匂いがします。

見た目よりも匂いの方が決定的に違うので判別しやすいです。

とは言っても両者ともムーチーの葉には使うようですので、興味のある方はムーチーの時期にチェックしてみてください。

ちなみに私はゲットウの匂いの強いムーチーはそんなに好きではありません。

とりあえずこれでやっとスッキリしました。

 

カテゴリー: 植物, 自然観察 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です