フィリピンの旅

本日の一枚。

ルソン島上空。

 

昨晩遅くにボート部同期の旅行から無事に帰ってきました。

現地ではネット回線の状況が悪くてブログが更新できなかったので、まとめて書いちゃいます。

今回の主な目的はフィリピンでのダイビング。

とは言っても、ノンダイバーもいるので、どっぷりダイビングとまではいきません。

私の講習生でもある同期が行ったことがあるということで、基本的にスケジュールはお任せで、私も一旅行者として楽しみます。

まずは7日の早朝に成田空港へ。

 

同期にあやかって、さくらラウンジで食事。

今回は引率とかではないので、朝からビール飲んじゃいます。(私的には珍しく滞在中も結構飲みました)

 

機内では往復とも映画で時間つぶし。

観たい映画があったのでラッキー。

結局往復で4本観てきました。

 

で、マニラ到着。

ま、行く前から気になってはいたのですが、台風の影響で超曇天。

というか、時折雨も降る感じ。

滞在中はほとんど雨だったのであまり写真が撮れず、多くはiPhoneでちょいちょい撮っただけなのでブログ的にはイマイチですがお許しを。

 

マニラは治安が悪くて怖いというイメージですが、やはりその通りのようで、とりあえず経験者の同期に全てお任せで金魚のフンのようについてまわりました。

ホテルにあった注意書き。

数日前にも日本人が襲われるという事件があったらしくビビりまくり。

到着日は現地の通貨への換金とスマホのSIMカードを現地のプリペイド式に交換。

同期が非常に頼りになります。

このSIMを入れると(もちろん電話番号が変わりますが)メールやLINEなどは普段のアカウントで使えて便利。

なのですが、実際にはメールの受信はできても送信が出来なかった(ブログのログインもできず)ので、滞在中の仕事のメールが滞ってしまいました。(相手から電話が来ても番号が違うので相手からすると音信不通になります)

また、電波の状態もあまり良くないので、本当にちょっとした連絡をLINEで取ったり、緊急時などに現地で仲間内で電話連絡をするためのような感じでした。

そのままスーパー内のフェイクショップを案内されたりして、最後はマニラでもちょっと安全そうなレストランで食事。

フィリピン料理はタイ料理と似ていて結構好みでした。

どこに行っても同じようなメニューばかりでしたけど。

 

そして翌日はいよいよダイビングをする予定の島に移動します。

が、これが結構大変。

ミンドロ島というところに向かうのですが、まずはタクシーでバスターミナルに行き、そこから2時間ほどの高速バスで港に向かいます。(もう場所の名前なんて覚えられません)

とにかく旅行慣れしている同期が頼りになりまくりでした。

雨ばかりだし、慌ただしい移動だったので写真も撮れず、やっと到着した港で食べた朝食。

衛生面が甚だ心配ではありましたが。

 

こんなボート(バンカーボートって言ったかな?)で1,2時間ほど揺られてミンドロ島に到着。

台風の影響はありましたが、覚悟していたほどは揺れませんでした。(グロッキーになってる人は何名かいたけど)

 

到着。(砂浜に乗り上げて人を降ろします)

なんだか阿嘉島のダイビングショップのある海岸を5倍くらいに大きくしたような雰囲気でした。(島自体は沖縄本島よりも大きいですが)

とにかくダイバー的には雰囲気の良い場所です。

 

で、移動に時間がかかってしまいましたが、遅めスタートで2ダイブさせてもらいました。

ノンダイバーの一人は体験ダイビング。

以前にも体験したことがあるので、余裕で潜ることができました。

 

FUNダイビングチーム。

体験ダイビングもいたので、この日は目の前の湾内で2本。

 

1本目は砂地に根が点在する沖縄っぽいポイント。

私はコンデジしか持って行かなかったので写真はテキトーですが、日本では見ないような魚がいれば撮っておこうかなと。

まあ、結局沖縄に近い感じであまり変わった魚はいなかったような。

とりあえずこの魚は日本で見た記憶はありません。(名前は調べてませんけど)

メギスの仲間っぽい。

 

水中にこのピラミッドみたいなのがたくさん沈められていましたが、なんだったんだろう?

ちなみにチョウチョウウオはミゾレが多かったです。

 

ツボ状の海綿がたくさんありました。

見つける度に中を覗いてみましたが、何も見つけられず。

 

キンギョハナダイはたくさんいます。

 

ゴンズイ玉。

 

カメも沖縄同様、アオウミガメとタイマイがいました。

 

1本目の後は遅めのランチ。

名前忘れましたが、とろみのあるスープに麺が入ってます。

やさしい味でウマかった。

 

2本目はレックダイブ。

というか、沈船はたくさんありました。

 

ここでもキンギョハナダイとテンジクダイの仲間が多かった。

 

ガイドが紹介してくれたツマジロオコゼ。

 

このサボテンみたいなのもたくさん目につきました。

一粒一粒はホヤみたいです。

 

これもガイドさんが紹介してくれたオオモンカエルアンコウ。

 

時々キンギョハナダイに混じって黄色いのがいます。(この写真の場所は黄色の方が多かった)

まあ、ハナダイの仲間でしょう。

 

なんだかんだと2本潜ったらいい時間になってしまい終了。

夕食は現地の屋台のようなところで食べました。

料理はやはり似たような感じです。

基本的にエビ、牛肉、豚肉、チキンがメインで料理方法はあまり変わらないような・・・

ちなみにこの写真に写っているリンゴフレーバーのビールが美味しくてよく飲んだ。

 

で、翌朝はホテルのテラスで朝食。

食事の多くがスマホの写真ですみません。

というかね、雨が降ったり止んだりでスマホとかカメラとかあまり出したくないんです。

フィリピン滞在中は必要最小限の小銭をポケットに入れて、手ブラで行動した方が良いと言われていたのでカメラも極力持ち歩かなかったし。

 

ダイビング2日目は午前中にCカード保有者だけでちょっと沖にある流れの強いポイントでドリフト。

今回は我々だけでなく、韓国からのダイバーも一緒でした。(日本人は少数派で韓国人が多いです)

エントリー後、想定よりも流れが強くて計画していたコースは回れずにダラダラと流れて楽しみ?ました。

う〜ん、沖縄だと黒島南の何もないところでドリフトしてる感じかな?

まあ、私は自分で適当に遊んでたので何を紹介していたかわかりませんが。

これで今回のダイビングは終了。

とにかく雨ばかりで、決してコンディションは良いとは言えませんでしたが、晴れてたらすっごい楽しそうなポイントはたくさんありました。

一応、こちらのショップのボスにはツアーの条件なども提示してもらってきたので、もし興味のある方が何名か集まるのならフィリピンツアーも検討しますよ。

 

そして雨がどんどん強くなる中、午後はアイランドピクニック。

だって、ノンダイバーも一緒だから仲間みんなで楽しまないと。

さらに小さめのバンカーボートで近くの小島に移動。

船長さんの他、BBQ係の奥さんが同船してビーチでランチを準備してくれます。

 

その間に我々はさらにさらに小さいバンカーボートでスノーケリング。

というか、フィンはなく、この小さいボートの横に張られているロープに掴まってひっぱってもらいながら浅瀬を覗きます。

 

サンゴたくさんあります。

 

巨大なマイクロアトールも。

 

さらに別の場所では水深5mくらいのところに巨大なシャコ貝がたくさん。

透明度がイマイチで水面からは岩にしか見えなかったので、フィンがないけど気合いで潜って撮ってきてやった。

 

ひとしきり遊んでからBBQをいただきます。

ここでは現地人のように手で食べました。(衛生面大丈夫か?)

 

晴れてたらサイコーに楽しそうな感じなのですが、とにかく終始雨(しかも強め)なんですよね。

トホホ。

 

で、翌日はマニラに戻る日。

ですが、ここでちょっとした問題発生!

台風の影響で帰りに乗る予定のバンカーボートが欠航。

頼りになる仲間に色々と手配をしてもらって、結局別の港に車で移動してそこから大型のフェリーでマニラに移動できるとのこと。

早く出ないと間に合わないかもしれないとのことで、朝食前にバタバタと準備して、チャーターした車で島内を20分ほど移動。

フィリピンではよく見かける写真のようなバスですが、乗り降りや支払いなどが現地慣れしていないと難しいと言われてました。

が、今回はチャーターなので安心して乗れました。(というか、乗れないと思ってたバスに乗れたのはよかった)

この写真は我々が乗ったバスではありませんが。

 

で、早々に港に到着。

 

こっちはかなり内湾で波もほとんどなく、たくさんのボートが停泊してました。

 

で、我々が乗るフェリー(沖縄で慶良間に渡るようなサイズのちゃんとしたフェリーです)が全然来なくて、結局3時間ほどここで足止め。

朝にあんなに急かされたのは何だったんだ!?

その間に同じ目的でどんどん人が集まって港は大混雑でしたが、急かされつつ早めに到着した我々は無事に乗ることができ、なんとか夕方にはマニラにたどり着けました。

 

まずは、私的には人生初のカジノ(ホテル併設)へ。

カジノ内では写真禁止っぽいのでここだけ。

そしてここでビギナーズラック発生!

と言っても、根性がないので最も小さい掛け金でチマチマですが。

やり方もよくわからなかったけど、何度か連続して勝ち、途中からは友人もその隣の赤の他人の現地おばさんも私の掛けたところに便乗。

すごいプレッシャーでした。

でも、掛け金は小さいものの、周囲がやたらと盛り上がって楽しかったです。

人生初カジノは結局プラスで終了!

基本的にはギャンブルには向いてないと思っているので、次回(あるのか?)は絶対に調子に乗らないように注意します。

 

で、朝からほとんど食べてなかったので腹ごしらえに焼肉。

普通に日本の焼肉屋です。

 

さらにその後は、これまた人生初のオカマバーへ。

こちらは全く写真あり(え)ませんが、とにかく極めて衝撃的に楽しかった。

そこには驚くべき世界が広がってました。

行ったことのない人は一度は行ってみる価値はあると思いますよ。

とにかく最後の夜はめちゃくちゃ盛り上がりました。

 

で、翌朝ホテルからマニラ市街を。

マニラは巨大な街ですが、貧富の差も大きく治安も悪いです。

夕方以降は絶対に一人では出歩くな!と言われていました。

 

でも朝になって雨も降ってなかったし、朝食を食べたかったので、勇気を出して一人でセブンイレブンまで行ってみました。(ホテルから150mくらいですけど)

グレープフルーツジュース、不味すぎて一口でアウト。

 

雨が降ってなかったので、カメラを持って少しは町並みを撮ろうと思って。

このバスはエンブレムだけならベンツもフェラーリも走ってました。

雰囲気が良いので色々と写真も撮りたかったのですが、同じ場所でずっと写真を撮っているとヤバいかもと思ってさっさとホテルに戻りました。

ホテルに戻ると急に台風並みの土砂降りになって停電もしました。

セーフ。

他に目立った乗り物は小型(150cc前後)のバイクです。

特にサイドカー付きのは地元の人のタクシーにもなってるみたいで、見た目の雰囲気もよかった。

あと、みんなクラクション鳴らすのが普通すぎてウルサイ。

 

マニラだけではなく、ミンドロ島もそうですが、文化や貧富の差をとても感じます。

港でボートを待っているとひっきりなしに物売りが近づいてきたり、

タクシーに乗っていて信号で止まると子供達が窓を叩いて物乞いをしてきたり。

 

でも、日本ではあまり感じることのできない、逞しく生きるエネルギーをものすごく感じて刺激を受けました。

日本では決して感じられない空気を味わうことができ、本当に貴重な経験をすることができました。

 

最後は唯一みんなで撮った写真。

みんなありがとう!

楽しかったー!!

 

カテゴリー: グルメ, 撮影, 日記, 爬虫類, 魚類 タグ: , パーマリンク

フィリピンの旅 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ステッチ完了 | としろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です