エンジン始動


今朝の富士山。

薄雲が焼けてキレイ。

広告


レーザービームの時間に起きたけど、富士山は見えず。

でも、上空に細い月が出てたので。


薄い雲があって地球照はイマイチだった。


明るくなる頃にはすっかり晴れて山頂も焼けました。


では、今日のSRX。

まずはサイドカバー。

シートカウルのクッションの余りをSPIIの本体と接触しそうな箇所に貼り付けてみる。


近所の金物屋でバラ売りのワッシャーを買い込む。


カッコいいボルトはなかったので諦めて、少し大きめのワッシャーに変え、内側にはプラスチックのワッシャーでゲタを履かせて、気持ちだけでもSPIIとの干渉を少なくしてみる。

でも、クッションをつけた分、押しながらじゃないと固定できなかったけど。

サイドカバーとSPII本体が直接触れることはないので傷ついたりはしないと思う。

これで不具合が出るようならまた考えましょう。


タンクのブリーザホースはホームセンターの燃料ホースを買ってきた。

ホントはバイク専用の方がいいらしいけど、タンクがオーバーフローしないとここにはガソリンが通らない仕組みなので、給油時に入れすぎないように注意します。


そしてタンクのエンブレム。

元々付いていたのもあるけど、音叉マークのみの丸いのが良かったので、ヤフオクで安いのを落札。

目見当でつけたけど、若干左右ズレた。

でも、両サイドを同時に見ることはないからいっか。


これでいよいよガソリンを入れてエンジン始動。

始めはキックしまくってもなかなかかからず。

燃料が来てないのでは?と思ってドレンを緩めて確認したら問題なし。

なので、そのままキックを続けていたら、かかりました。

が、エンジンがあったまる前にガソリン漏れ発覚。

地面に数滴ポタポタと・・・

のぞいてみると、エアークリーナーとの接合部からポタポタ。

エアクリーナーから漏れるハズはないので、キャブレターよりも上流のどこかから漏れてる。

エンジン側の燃料コックは見える位置にあって漏れてないので、そうなるとガソリンタンク側の燃料コックか、その直下のホースしか考えられない。

ってことで、せっかくガソリン入れたのに、一旦抜いてタンクを外すことに。

急いで作業していたので写真撮り忘れたけど、タンク側の燃料コックとホースの接続部から漏れている感じでした。

ホースを止めるバンドがねじ込み式で、しっかりハマってないままねじ込んでしまったのでしょうか?

マニュアルをみると、そもそもねじ込み式のバンドは使われてないみたい。

なので近くのパーツ屋に走り、一般的なクリップタイプを購入して取り付けました。

そして再びドッキング。


ガソリンを入れて漏れてこないことを確認したらキック2〜3回でエンジン始動。

しかもアイドリングも結構安定してました。

と、ここまで作業が長引いて仕事の時間になってしまったので、今日は走れず。

まあエンジンがかかることまで確認できたのでヨシとしますか。

明日以降ガソリンが地面に漏れていないことを祈る。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です