SRX250(3WP)Fフォークとタイヤバラし


今朝の富士山。

今日は朝寝坊。

広告


土曜日だし、昨日疲れたし、今日はふじてんにも行かないので、ゆっくり起きました。

お姉ちゃんはお友達と家で賑やかに遊んでたので、その間にバイクいじり。

全体的にはバラしてあるので、あとは細々とした作業なので、少しの時間でも進められます。

とは言っても、それなりに作業量がありそうなFフォークバラシから。

サービスマニュアルやネット調べでは、どうやらSRX250(3WP)のFフォークは一般的な構造と少し違うようで、具体的にはスライドメタルというパーツが入ってないそうです。

で、普通はフォークのオイルを抜いてからインナーチューブとアウターチューブの接続部を緩め、インナーを引っ張ってカツカツとアウターにぶつけることで、スライドメタルをオイルシールに引っ掛けで分離できるのですが、スライドメタル自体がないので、その方法は使えないとのこと。

というわけで、マニュアルとネット調べに頼りつつ、行き当たりばったりの先行き不安な状態でスタートします。

まずは現状。


ダストシールを外します。


オイルシールクリップを外す。


と、ここで片方は朽ち果てていて折れてしまいました。

忘れずに注文しておかないと。


ここからは手探りで行きます。

まずは、キャップボルトを外します。

ちなみに、ここは過去の経験からステムに付いている状態で緩めておいたので、簡単に回すことができました。


調子こいて回してたら、キャップがポンって飛び出してビビった。


両方のフォークをこの状態にして、スプリングを抜いてから、片方のオイルをもう片方に入れてオイルで満たします。

ちなみに、オイルは思ったよりもキレイでした。(オイルの色とオイルシールの状態から判断すると、もしかしたら、片方だけオイル交換をしているのかもしれません)

そして再びキャップを締める。


ここからマニュアルによれば、プレス機を使って圧力をかけるのですが、そんなものがあるわけないので、車のジャッキと柱を利用して手作りプレス機でトライ。(ネットで調べると結構やっている人がいたので)


慎重に圧力をかけていくと、オイルシールが圧力で押し出されて、オイルが滲んできます。

この時点で圧力開放。

これ以上圧力をかけても、オイルが漏れ続けるだけなので。

うまくいくと、インナーチューブを引っ張ればオイルシールが一緒に抜けてきます。

ちなみに、片方は斜めになってしまい、うまく抜けなかったのですが、ドライバーなどでこじったら外れました。

これで無事にオイルシールが抜けました。

あとは、インナーとアウターを分離すれば完全にバラせるのですが、ここでも専用工具が必要となってます。

原理的には超長いエクステンションがあれば良さそうですが、持ち合わせてないし、もし持っていたとしてもかなり難しい気がします。

スパーダの時のように大工の友人にお願いしようかと考えました。

でも、ちょっと待てよ?

例えば、インナーチューブが曲がってたりして、交換の必要があれば絶対バラさなければならないけど、この状態のまま清掃して使うなら、あえてバラす必要はないんじゃないか?

と考えてみました。

本来なら、スライドメタルを引っ掛けてオイルシールを出すために、インナーを外すんですよね?(もちろんパーツ交換などの理由もあるけど)

今回はスライドメタルがないインナーチューブなので、圧力をかけてオイルシールを外すことができました。

当然オイルシールは新品交換できますし、オイルもフラッシングしてから入れれば、問題ないのではないでしょうか?

もし、インナーチューブを磨いてみて、致命的な傷などがあれば何とかして外さなければなりませんが、それは磨いてみてからでも遅くないのでは?

ってことで、とりあえずここまでバラしたところで終了として、今後清掃をしながら考えることにしました。


まだ少し時間が取れそうだったので、タイヤも外してしまうことに。

まずは、細くて大変そうなフロントから。

ブレーキディスクを外します。


ボルトにたっぷりとネジロックが使われていて大変だった。


なかなかビードが落ちなくて、かなり苦戦しましたが、ホイールに傷をつけながらもなんとか外れました。

この大変さは写真では伝わらないので、いずれ動画で。


続いてリア。

ブレーキディスクとスプロケットを外します。


フロントほどではありませんが、タイヤが古くて固くなっていて苦戦。

それでもどうにか外れました。


ということで、前後共無事にタイヤを外すことができました。


あとは、洗ったりして、その後どうするかを決めたいと思います。

今日はここまで。

思っていたよりも作業が進んでよかったです。

特にFフォークとタイヤは苦戦しそうだったので。

あと大変なのはフレームとエンジンですが、それ以外は空き時間に少しずつ磨いたりできるので、コツコツと進めていきたいと思います。

頑張ろ。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: , パーマリンク

SRX250(3WP)Fフォークとタイヤバラし への1件のフィードバック

  1. ピンバック: SRX250(3WP)FフォークOH | としろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です