初バリウム


今朝の一枚。

天気はいいけど、雲が多くて富士山(山頂)は見えず。

広告


今日は朝から人間ドックに行ってきました。

昨年は予約したものの、いろいろあって結局行けなかったので、今年は早めに予約して行ってきました。

ただ、胃カメラはもうイヤなので、バリウムで。

というか、バリウムは本日初体験です。

両方やってみて、来年からは楽な方を選びます。

だって、健康なのにわざわざ苦しい思いをするのはおかしいですから。

で、バリウムですが、噂には聞いていましたが、超ゲップが出そうな炭酸を飲ませておきながら、ゲップはしないでくださいっていう、意味がわからないことをさせられました。

さらに、ヨーグルト味のバリウムを飲まされまして、これがまた味は一応ヨーグルトですが、粘土を飲まされているような感じです。

そこまでやってから、ゲップをしないように何度も寝返りをさせられて・・・

途中でおかしくなって笑いそうになりました。

それでも、胃カメラよりは全然マシなので、来年もバリウムにします。

それでもし何か要検査項目が出たら、その時に考えればよろしいかと。

そして最後に飲まされた下剤もなかなかのモノでした。(帰宅してから効いてきたので問題なかったけど)

 

というわけで、下剤と戦いながら、少しだけバイクいじり。

今日はFフォークのネジを緩められればOKな感じです。

まずはFフォーク。

まずまずキレイに塗装できてます。

で、まずはインナーチューブの一番上のネジを緩めます。

巨大な六角レンチ(またはナット)が必要です。

ネット情報では、ステムから外す前に緩めておくのが良いとのことでしたが、このフォークはオークションで購入後、さっさとステムから外して塗装していたのでそんなことはできませんでした。

が、キーシリンダーが外れなくてゴミのようになっているトップブリッジに慎重に装着することで、比較的簡単に緩めることができました。

続いて、アウターの一番下にあるネジを緩めます。

回しにくい位置にある上に、ネジロック剤がしっかりと塗ってあるので、非常に手強い。

ネット上でも苦労している情報が多数ありました。

ネジをナメたくないので、慎重に行いましたが、手持ちのプラハンで叩くタイプのインパクトドライバーでもビクともしませんでした。

ここで無理をしては、先日の二の舞になってしまうと思って、大工の友人に助けを求めました。

友人の電動インパクトでも回らず、その親戚の自動車工場に持ち込んで、空気圧で回すインパクトみたいなヤツでやってもらったら、アッサリと回りました。

さすがにプロは違いますね。

キーシリンダーもお願いすれば、壊すことなかったのですが、後の祭りですね。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: パーマリンク

初バリウム への2件のフィードバック

  1. ピンバック: VT250 スパーダ Fフォークオーバーホール | としろぐ

  2. ピンバック: SRX250(3WP)Fフォークとタイヤバラし | としろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です