事故のその後


今朝の河口湖。

今日も天気悪かった。

広告


今にも雨が降りそうで降らなかったけど。

久しぶりにCG125のエンジンをかけようとしたけど、久しぶりすぎてなかなか手こずった。

一応かかったけど、暖気が不十分で安定しない。

そのまま出かける時間になってしまったので、乗らずに終了。

ところで、G7Xで撮影するようになってから、SNSポスト用に少し加工したいけど、GR2の時のようにカメラ内でお気に入りのフィルターがないので、どうすればいいかちょっと考えてみた。


写真加工アプリはめちゃくちゃたくさんあるけど、どれもパッとしない。

そこでよく考えたらPhotoshop(PS Express)があることを思い出し、あっさり解決。

Photoshopなので、もっと詳細に加工もできるから、これからG7Xで撮った時にはいじってみることにします。

これで、GR2でもG7Xでも出先からのSNSポストがしやすくなった。


さて、出かけた先は現在密着撮影をしている建築中の家。

今日は足場が出来てました。

明日棟上げの予定で、明日は一日張り付くことになりそうです。

頑張ります。


さて、最後に先日の事故のその後を報告。

私は自分が入っているZurichの保険の担当者に全てお任せしておいたのですが、相手が任意保険に入っていないことが判明。

泣き寝入りの可能性もあると言われていました。

ふざけんな!と思いましたが、ネットで調べると国内の任意保険の加入率は7割ほどしかないそうです。

つまり、事故った場合にはそれなりの確率で相手が任意保険に入っていないと言うこと。

物損事故をした時に、その場で修理代をサクッと支払える余裕があって任意保険に入らないなら全く問題ないですが、実際にはその逆の場合がほとんどのハズ。

要するにケチって任意保険に入ってないわけですよ。

そんな相手と事故ってしまい、しらばっくれられたらたまりませんが、それも事実。

とにかく、泣き寝入りだけは何としても回避したいと思っていました。

ちなみに、本来相手方が任意保険に入っておらず、物損事故で示談などをする場合にはこちら側も本人、つまり私が直接交渉をするらしいです。

しかし、私の担当の方がとても親切な方で、いろいろを教えていただいたり、相手方にも話を通してくださったりして、とても助かりました。

結果的に修理代(見積もり)の8割を回収することができました。

今回の事故を振り返ると、ホントならもっと請求したいところですが、担当の方によると、こちら側もあまり積極的すぎると、返って取り損じることもあるなど、的確な判断をしてくれたと信じています。

と言うわけで、泣き寝入りだけは避けることができましたが、その後どうするか。

あんな形で事故ってしまったバイクを修理して乗るのも気分がよくないです。

また、学生の頃から憧れていたDUCATI 996Sを一度でも所有することができ、そのポテンシャルの高さは実感しました。

実際には20%くらいしか性能を使ってないと思います。

今でも世界一カッコいいバイクだと思っていますが、乗りこなせもしないので、修理せずに手放すことを決意しました。

あ、当然ですが、今回の件が原因でバイクを降りると言う選択肢は全くありません。

今度はもう少し身の丈にあったバイクに乗ろうかと思います。

そこで、考えたのがYAMAHA SRX-6。

600ccの単気筒です。

実は過去に2回同じバイクに乗っていますが、どう言うわけか乗り換えてしまったんですよね。

でも、今は国産車ならサービスマニュアルがあれば自分でもかなり整備できる自信が出てきていますので、また乗ってみたいなぁ、と。

ただし、過去に乗った4型ではなくもっと古い2型か3型が希望です。

パワーやサイズも996Sに比べるとかなり控え目で扱いやすいし、デザインは以前からかなりお気に入りなので。

以前は4型の方がカッコいいと思ってたけど、最近はもっと古い型の方がカッコいいと思えるようになってきた心境の変化も我ながら面白いです。

と言うわけで、SRX-6(2型か3型限定)を探していますが、なかなか見つかりません。

もし、「譲ってもいいよ」と言う方や、「そういえばあの店(あの人)にあったな」とか言う人がいましたらぜひご紹介ください。

そんなわけで、事故から前向きに進み始めましたので、よろしくお願いします!

広告

カテゴリー: バイク・車, 撮影, 日記 タグ: , パーマリンク

2 Responses to 事故のその後

  1. ピンバック: 一区切り | としろぐ

  2. ピンバック: ない | としろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です