メッキだった


今朝の富士山。

久しぶりのレーザービーム。

広告


ちょっと雲が多かった。


そのせいか、山頂はかなり焼けました。


そろそろゴールが見えてきたスパーダのレストア。

今日はまずミラーの塗装。

昨日磨いてあるので、マスキングして脱脂。


プラサフ。


ハンドルにも使ったけど、まだ余っているスバルのブラックマイカで。


仕上げも余っている(ウレタンではない)普通のクリアで。

少しザラついている箇所もあるけどまあいいでしょう。


続いて、面倒くさそうなエキパイ。


ディスクグラインダーにワイヤーのカップブラシをつけてガシガシやります。

流石にこの作業では長ズボン履いたり保護メガネをしたりしていたので暑かった。


ザックリと塗装を剥がす。(真ん中にあるのは湯たんぽか?)


細かいところは妥協しつつ、少しはサンドペーパーで磨いてから、洗剤で洗って、乾かして、マスキングして脱脂。

リアブレーキディスクとすでに塗装済みのエキパイの一部で塗料を使っていたので、足りなくなると思ってもう1本購入済み。


サクッと終了。


ところで、マスキングしてある部分は謎シルバーが吹いてあったので、磨いてから余っている耐熱塗料で塗ろうと考えているのですが、謎シルバーを磨いてみたら下地はメッキだった。

メッキはとても手強くて、一番硬いブラシを使ってもほとんど磨けず。

かと言って、メッキ自体はボロボロなので、ウォーターホースの時のように、耐水ペーパーでできるだけキズをつけ(足つけ)てから、余っている耐熱塗料で塗ってみようかと検討中。(それでも表面はボコボコになりそうだけど)

余りの耐熱塗料で足りるのか、また今日塗った塗装の焼き付けをする前にマスキングテープを使って塗料が剥がれないか、心配はたくさんあるけど、最後の一踏ん張り、頑張るしかない。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です