ステム整備一応完了


今朝の富士山。

山頂がまた白くなってる。

広告


やらなければならない仕事があるのですが、今日は昼ごろまでは天気良さそうなので、走るかいじるか迷った結果、走ってばかりだとSDRが全く進まないのでいじることに。

中途半端になっているステム整備を仕上げます。

当初は三又の塗装を磨いてから再塗装と思っていたのですが、塗装を磨いて(擦って)剥がすのは結構大変なので、横着をしてみることにしました。

以前にタンクの塗装を剥がした際に使った強力塗装はがし剤が少し余っているので、これを使って化学的に塗装を剥がします。

でも、これ結構劇薬感があってあまり好みではないんですよね。

アンモニア系の匂いがキツいし、少しでも肌につくと痛痒いし。


まあ、今回は少量で済みそうなのでチョチョイとハケで塗る。

しばらくすると塗装が浮いてくるので、金属ブラシで擦って剥がす。


その後、水で洗ってからディスクグラインダーや耐水ペーパーを使って足つけ。


ちなみに、トップブリッジも色を揃えてみようと思ってマスキングして塗装準備。


塗料はシルバーコートを使います。

ちなみに、この塗料は安いラッカー系の塗料に比べると耐薬品性がやや強いように感じます。

安いスプレーだとパーツクリーナーで拭いただけで塗装が剥がれてしまうことがありまして。

かといって、自分にできる最強のウレタン塗装の場合には、傷ついたりした場合の修正が難しいのと、そもそもの塗装が大変。

ってことで、タンクやカウルじゃない限り、ウレタン塗装は何かと面倒なのでやりたくないけど、簡単に落ちるような塗装でも困るので、このシルバーコートを使うことにしました。

仮に塗装が剥がれたとしても、上からチャチャっと修正できるので、結局作業量と仕上がりと、その後のメンテのバランスが良いんですよね。

色も落ち着いた感じのシルバーで特に不満もないし。


前置きが長くなりましたが、サクッと塗装。

ちなみに、このシルバーコートは隠蔽性も強い感じで、薄く吹くだけでしっかりと色が乗るのも楽チンです。

トップブリッジも塗りまして。


さらにキャップみたいな部品も錆びてへこんでたので、軽く磨いてプラハンで叩いて気持ち修正してから同様に塗装。


まあそれなりに満足いく仕上がりになりました。

トップブリッジの上の面は塗装してなくてアルミ地のままですが、折を見てもう少し磨きをかけたいと思います。

取り付けてしまえばほとんど見えなくなる裏側も今はキレイです。


と、そんな作業をしつつ、ちょっと仕事も進めながら、プールにも行って2000m。

最近はギリギリ40分切りのことが多いな。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。