SRX250(3WP)レストア始動


今日の富士山。

明け方まで雨でして、昼前から少し見えてきました。

広告


昼過ぎにはすっかり青空になったけど、山頂は風が強いっぽい。


気温が高くなる予報だったので、早めにやるべきことを済ませて、いよいよSRX250(3WP)のレストアを開始することにしました。

と言っても、とりあえず外装を外すだけですが。

まずは現状の見納め。

サービスマニュアルで確認しながら作業を進めます。

始めにマフラーを外したら、エキパイにも小さな穴を発見。

先日気づいた穴も含めて補修できるのかな?

そのまま、タンク、サイドカウルを外し、調子に乗ってキャブレターと燃料コックまで外しました。

もちろんキャブレターを外す時には600の時みたいにインシュレーターを損傷しないように注意。

作業に夢中になって写真ほとんど撮らずに終わってしまった。


600の時よりは上手くキャブレターを外せたと思います。


上から見るとこんな感じ。

チューブ類は全部交換の必要がありそうです。


ってことで、本日の収穫。

ビデオは回しておいたので、編集したらアップします。


で、作業をしながらレストアの方向性を考えていました。

現物を見ていない時は写真などを思い出して、フレームを塗装せずに磨くだけでなんとかしたいと思ってたのですが、実際に作業をしてフレームのサビを見ていくと、磨くだけではちょっと厳しいんじゃないかと思えてきて・・・

面倒だけどフレームも塗装しようかと思うようになってきました。

もちろん自家塗装ですが、スパーダの時の経験から、いくら上手に塗装してもボルト部分は締める時に塗装が剥がれてきてしまうんですよね。

これは自家塗装の限界かと思うのですが、それを差っ引いてもサビの方が気になるので、塗装する方向にしました。

となると、エンジンを降ろす必要があるので、勢いがあるうちにやってしまおうと思って第2ラウンド突入。

メンテナンススタンドで正立させます。

途中写真はありませんが、サービスマニュアルを確認しながらどうにか降ろせました。


すっからかん。

この構造を見ると、エンジン載せる時に絶対フレーム擦って塗装剥がれるパターン。

まあでも、エンジン外してしまえば後戻りはできませんから、もうあとはどんどんバラす方向で。

ってことで、今日はここまで。

また時間を見つけて作業を進めます。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です