ウレタン手塗り

今朝の富士山。

令和初。


天気予報は悪かったけど、時々雲の隙間から見えるのをゲット。


朝、ちょっと田んぼの手伝いした時は青空も見えた。


でも、この後は完全に下り坂でした。

さて、今日は気になっていたCG125のガソリンタンクのキャップ周辺の塗装剥がれを修正してみました。

時間が経てば経つほど悪化しそうなのと、連休中にも関わらず業者さんが商品を送ってくれたので。

まずはキャップを外す。

パッと見はそんなに悪くないのですが、塗装が浮いてるんです。

脱脂してマスキング。


浮いている部分を剥がす。


この時点でパリパリ剥がれたのでちょっと心配ですが。

タンクばかり完璧にこだわっても、その他の部分がサビだらけだったりもするので、今回はとりあえずこれ以上塗装が剥がれないようになればOKってことで、見栄えはイマイチでも(どうせ見えない部分なので)作業続行。

周辺を少しサンドペーパーでならしてから脱脂。(老眼のため細かい作業が見えづらかったけど、写真撮って拡大してみると全然ダメでした、やっぱり)

で、届いたウレタンクリアーを使って。


慎重にぬりぬり。


夕方には雨になってしまいましたが、なんとなく乾いてくれそうです。

明日から天気が良くなる予報なので、もう一度上塗りして、あとは完全に乾くまでこのまま放置する予定。

マスキングテープが外れないことを祈る。

カテゴリー: バイク・車, 家族, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です