マクロレンズで花を撮る


昨日の天気予報では今日も晴れる予定だったので、ヒスイカズラと同様に撮りたかったオクラレルカの撮影に朝から大宜味村喜如嘉まで車を走らせました。

が、天気悪っ。

ただ、個人的には「雲が多めの晴れ」を希望していたので、少し回復すればちょうどいいくらいの天気だから、と思って行っちゃいました。

そして時折雨という逆のパターンになってしまう・・・

ま、自然を相手にしているのでそんな時もあるさ。

ではなぜ「雲が多めの晴れ」がいいかというと、このオクラレルカという花は基本的な色が青系。なのでパノラマで真っ青な空を入れてしまうと存在感で負けてしまうのではないかと思って、「白っぽいけどちょっと青い空」を期待していたと言う訳です。

結局「真っ白でちょっとねずみ色の空」になってしまいましたけど・・・

そして今日は密かにマクロレンズもしのばせておきました。(同じようなパノラマをたくさん撮っても意味ないし、せっかく遠くまでいくんだから他の写真を撮っておこうと思ってね)

個人的にはマクロレンズで花を撮る時は完全な曇りが好きです!

晴れていると花びらなどの影が出てコントラストの高いキツい印象の写真になってしまうのですが、曇っていると影がなくなりやわらかい印象の写真になるから。

そういう面では今日の天気は悪くないんですよ〜

では、まずはいつもの標準レンズのテレ端(70mm)でf/5.6。

140407a

 

そして同じ被写体を105mmマクロレンズでf/5.6。

140407b

 

全然柔らかいでしょ。

ボケに関しては、絞りだけじゃなく焦点距離と撮影距離にも大きく影響を受けるので単純比較はできないけど、マクロレンズを使うならこんな感じの写真を撮るのが楽しいです。

 

あ〜曇りで良かった。

と、無理矢理納得しときます。

 

広告

カテゴリー: 撮影 タグ: , , , パーマリンク

2 Responses to マクロレンズで花を撮る

  1. かろ のコメント:

    オクラレルカ今が咲き頃なんですね。
    柔らかな花が撮れて、天気にも勝っていますね!笑
    ちなみに北部への撮影は何時頃、出発されたのでしょうか?

    • Hitoshi Oikawa のコメント:

      そうなんですよ。
      見に行く場合は早めに行った方がいいですよ。
      ちなみに、今回は8:00頃の出発でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です