iPhotoを起動させない方法


使わず嫌いのiPhotoですが、OSをYosemiteにしてからSDカードを差し込むと勝手にiPhotoが起動するようになってしまいました。

以前に勝手に起動しないように設定しておいたのがデフォルトに戻ってしまったようなので、再度設定を行ってiPhotoが勝手に起動しないようにしました。

まずはiPhotoを起動して、環境設定を開きます。

150221a

広告

 

そして「一般」の「カメラ接続時に開くアプリケーション」を「割り当てアプリケーションなし」にします。

150221b

以上で、SDカードを差し込んでも勝手にiPhotoが起動することはなくなります。

個人的にはiPhotoは意識せずに勝手にいろいろなことをしてくれる(それが便利機能なのでしょうけど)ので、気持ち悪くて使いづらいので普段は使わずに自分でHDDなどにフォルダを作って整理しています。

広告

カテゴリー: 備忘録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です