分身

那覇から沖永良部島へのフェリーの中で読みました。

「分身」東野 圭吾。

140921b

医学的な倫理がテーマでしょうか?

実際にありえないこともない感じの話で、なかなか面白かったですが、ハッピーエンドとは言えないです。

カテゴリー: タグ: パーマリンク

2 Responses to 分身

  1. 福岡in福岡 のコメント:

    懐かしいですね。3部作「魔球」「放課後」「分身」でしたかね?(違うかも、、、)東野はデビュー当初から好きで、数年前までのは全て読んでます。ブクオフ100円か、図書館派ですから、人気作家の作品はなかなか ないんですよね。とくに新刊は。

    • Hitoshi Oikawa のコメント:

      ちょっと気になったのでググってみたのですが、3部作(姉妹作)と呼ばれているのが「白夜行」と「幻夜」ともう一つのようです。
      ただ、もう一つ(3作目)は噂として出るとかでないとか言われているようですが、今の所姉妹作のようですよ。
      と言っても、そんな知識などもあるわけがなく、つまみ読みしかしない及川調べなので不明ですが・・・
      でも、他の作品も読んでみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です