限界集落株式会社


まだまだ夏の盛りですが、最近読書づいてます。

星野伸一「限界集落株式会社」。

140818a

先日の出張後半から読み始めて、ついこの間読み終えました。

タイトルからもなんとなく想像がつきますが、都会のエリートが過疎化の進んだ田舎(実家)に戻ってきて村おこしを成功させるストーリーです。

単純でちょっと展開が読めてしまう部分もありますが、ハッピーエンドで(個人的)には気持ちのよい話でした。

広告

カテゴリー: 日記, タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です