FCPXからDVDを作成する方法


備忘録として書いておきます。

FCPXで作成した動画をDVD(デッキで観れるように)にする方法

1.FCPXで完成した動画を、ファイル→共有→DVDで作成

2.◯◯.imgというファイルが生成される

3.拡張子をimg→isoに変更

4.DVDスロットのあるMacでアプリケーション→ユーティリティ→ディスクユーティリティを起動

5.DVDディスクを挿入

6.ディスクユーティリティのイメージ→ディスクを作成→先ほどのisoファイルを選択→ディスクを作成

これで他のアプリケーションを使わずにFCPXで作成した動画をデッキで再生できるDVDが完成します。

シンプルですが、他のアプリなどを使う必要がありません。

【追記】

2017年3月現在、OSのアップデートに伴いディスクユーティリティのUIが変わって上記の方法ではDVDが作れなくなったので、新しい方法を記事にしました。

 【追記2】

2019年6月現在、新しいMacbookProにDVDドライブが搭載されなくなったことにより、格安の外付けDVDドライブでもDVDが書き出せることを検証した記事を新しく更新。

広告

カテゴリー: 備忘録 パーマリンク

4 Responses to FCPXからDVDを作成する方法

  1. mov dvd 焼く のコメント:

    ありがとうございました。
    できました! 感謝!

  2. コウチャン のコメント:

    参考になりました。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です