ゴシック化再び

先日WordPressの更新をしたのですが、その後「今までゴシック体だったのに、また明朝体に戻ってる」とブログの読者に指摘されたのでもう一度直します。

WprdPressの更新(たぶん使っているテーマ「Twenty Ten」の更新だと思う)を行なうとデフォルトに戻されてしまうのでしょう。

せっかくなので、もう一度おさらいしておきます。

参考はこの記事です。

 

①外観⇒テーマ編集⇒スタイルシート(style.css)。

 

②スタイルシートの中から下記の文書を探す。

/* =Fonts
————————————————————– */
body,
input,
textarea,
.page-title span,
.pingback a.url {
font-family: Georgia, “Bitstream Charter”, serif;
}

 

③最後の文中の、

font-family: Georgia, “Bitstream Charter”, serif;

を探す。

ここが文書全体のフォントを決めている(と思う)。

ちなみに、この文書以降に何度かfont-family: Georgia, “Bitstream Charter”, serif;が出てくるけど、そっちは無視。

 

④この中のGeorgia, “Bitstream Charter”, serifがテーマ全体のフォントっぽいので、ここを

sans-serif;

に変更して「ファイルを更新」する。

これで完了。

ちなみに、serifが明朝体でsans-serifがゴシック体らしい。

その前のGeorgia, “Bitstream Charter”とかはフォントの雰囲気的な要素だと思う。

 

⑤可能であれば、数種類のブラウザで確認する。

私は普段使っているSafariだと自動的に全てのフォントをゴシック体に表示させるようにしているので、今回の件に気付かなかったけど、Firefoxで確認してみました。

IEを使っている方は確認してみてくださいな。

 

カテゴリー: 備忘録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です