CG125 ブレーキ強化作戦


今朝の富士山。

ナイストラック。

広告


でもかなり霞んでる。


天気予報もイマイチだし。


さて、明日から天気が崩れるらしいので、早速CG125のフロントブレーキ強化作戦を決行しました。

ドラム式のブレーキの効きを強くするには、

・摩擦の大きいブレーキシューに交換する

・ブレーキシューを押し付ける力を強くする

の2つの方法が考えられますが、今回はその2つともいっぺんに行います。

ブレーキシューはDaytona製、ブレーキアームはTAKEGAWA製で、どちらもCG125用ではありませんが、ネットで調べまくって何とかなるだろうと思ってポチりました。


結果、特に加工が必要という情報もあったブレーキアームも無加工で使うことができました。(ちなみに私のCG125は熊本工場製なので中国製の場合には不明です)

まずは現状把握。


フロントホイール外します。


今まで付いてたブレーキシュー。


新しいブレーキシュー。


フロントホイール戻します。


今まで付いてたブレーキアーム外します。


新しいアームは長いのでテコの原理でブレーキシューを強く押し付けることができます。


装着。


と、簡単に書きましたが、実はかなり苦戦しました。

今回は動画でも撮ってみたのでどうぞ。

 

最後は記念写真。

バイクのブレーキ(特にフロント)はとても重要なので、前々から制動力を高めたいと思ってました。

ディスクブレーキにすれば理想に近づくのでしょうけど、面倒だし今のスタイルで何とかならないかと考えた結果です。

今日はテスト走行ができませんでしたが、とりあえず制動力は強くなった実感があります。

しかし!

キーキー鳴くようになってしまいました。

後日慎重にテストを行い、少し調整してみたいと思います。

でも、しばらく天気悪いんですよねぇ。

広告

カテゴリー: バイク・車, 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です