開山御神火大祭

今日は朝から雨で富士山も見えませんでした。

が、昼ごろには雨が上がり、浅間神社で行われる開山御神火大祭を見にいってみました。

150603k

 

開山御神火大祭とは、富士講の教えを説く「扶桑(ふそう)教」による世界の平和や今シーズンの富士登山の安全を祈願するお祭りで、説明してくれた人によれば、いわゆる「山開き」のようなものらしい。

ただ、富士登山の一般的な(登山可能になる)山開きは7月に入ってからなので、このお祭りは儀式的な感じなのでしょう。

ちなみに、従来は東京都世田谷区の扶桑教本部で行われていたようですが、2013年からは富士吉田市上吉田の扶桑教元祠(げんし)、浅間神社行われるようになったようです。

つまり浅間神社での歴史は浅いわけですな。

ま、詳しいことはよくわかりませんが・・・

 

弓矢を使ってみたり、

150603l

150603m

 

なんかよくわからない儀式のあとに、中央にある木を組んだようなモノに火をつけます。

150603n

 

煙がすごい。

150603o

 

しばらくすると本格的に燃え始めます。

150603p

 

そしたらお経みたいなのを唱えながら、次々に御札みたいなのを火で清める?感じなことをしていました。(元々置いてある以外は御札を燃やしているわけではありません)

150603q

かなりの数の御札があるようで、何度も何度も繰り返して結構大変そうでした。

 

ひとしきり終わるとみんなでお経みたいなのを唱えます。

150603r

 

そして参列者の方々が輪に入ってお祓いをしてもらって終了。

150603s

 

キャンプファイヤーとフォークダンスを思い出しました。

ちなみにこれが山開きと書きましたが、山じまいのお祭りがかの有名な「吉田の火祭り」です。

どうやら富士山は「火」が好きらしい。

 

で、帰ってくる頃には富士山も顔を出しました。

150603t

カテゴリー: 富士山の歴史・文化, 日記 パーマリンク

開山御神火大祭 への2件のフィードバック

  1. 如月14ギャル のコメント:

    宗教としては、明治になってからの富士山信仰神道系でしょうか。分派もあったような気がします。

    木花之佐久夜毘売は山の神(大山津見神)の娘で、祭神とする神社は他にもありますが、浅間神社系では、富士山の噴火を鎮めるための水の神でもあるようですね。

    こういう話には食いついてしまう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です