海と毒薬

「海と毒薬」(遠藤 周作)。

150121a

エグい話で終わり方もスッキリしなかった。

カテゴリー: パーマリンク

海と毒薬 への6件のフィードバック

  1. 福岡in福岡 のコメント:

    おぉ、もう40年も前に読んだ本ですね。何しろ九大の実話ですから、当時の九州の学生は読んだり読まされたりした人は多いでしょうね。息子は学部が違うのですが、娘はドンピシャなので、この小説を読むように言いましたよ。昔は やっていたんですね。今の九大病院は数年前に新病棟が出来ましたが、当時の建物や塀は 所々に残っています。

  2. 如月14ギャル のコメント:

    「悪魔の飽食」と似たような・・・?

    • Hitoshi Oikawa のコメント:

      「悪魔の飽食」は読んでないのでわかりませんが、内容的にはもう読みたくないような・・・

  3. 福岡in福岡 のコメント:

    悪魔の飽食 は完読出来なかったです。しなかった と言うのが正解ですが、、。あれは日本軍の生体実験でしたね。本当にあったのか 議論を呼びました。「スカッとする」ものや、「ほっこりする」ものを読みたいですね。と言いながら今回の沖縄行では「ケルベロスの肖像」を読んでましたが。

    • 如月14ギャル のコメント:

      随分昔に一応読み終えましたが・・・気持ち悪くなりました。借りた本でよかったと。
      続編は断念しました。
      読み終わって、ほっとする本がよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です