コバンザメ

本日砂辺の水中をうろついていると、ガレ場に着底した状態の2匹のコバンザメを発見。

しかも結構デカい。(大きい方で1mくらい)

パノラマ用のカメラ(一眼レフ+フィッシュアイレンズ、ストロボなし)だったのですが、撮影を試みることに。

というか、まずコバンザメってちょっと気持ち悪いです。

まず「サメ」って名前がついてるけど、スズキ目コバンザメ科でいわゆる「サメ」じゃないし。

吸盤でくっつきたがってくるのでウザいし。

でもフィッシュアイレンズしかないので「面倒なことにならなければいいなぁ」と思いながらも少し近づいてみることに。

だったら近づくなって話ですが、こっちから先に見つけたことで、不意打ちを食らわずに済むんです。(水中での不意打ちはとても驚くのでヤダ)

 

そして・・・

 

ハイ、面倒なことになりました。

ま、そうなるとは思ってたけど。

 

どうしても、私にくっつきたいらしくて周囲をぐるぐると回って時々アプローチしてきます。

くっつかれてみてもいいんだけど、地肌にくっつかれると痛いって聞いたことがあるもんで。(かなりデカいヤツだったし)

DR-140613-0057x

あ〜めんどくさ。

そして、人を小馬鹿にしているようなその顔がなんかムカつくんだよね。

DR-140613-0060x

結局10周くらい自転しました。

DR-140613-0063x

最後は諦めてどっかいったみたいだけど、時々思い出したようにまた近づいてきたりしてとにかくウザかった。

 

【コバンザメ】(コバンザメ科)

撮影場所:沖縄県 北谷町 砂辺No.1

撮影日:2014年6月13日

DR-140613-0057x

DR-140613-0060x

DR-140613-0063x

 

カテゴリー: 自然観察, 魚類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です