準備だけは万端

先日手作り望遠鏡で月を見て、これはもう少しちゃんと取り組みたいと思って準備しました。

この前は仕事用のゴツい三脚で、子供にはデカすぎるし機動力に欠けるので、手作り望遠鏡専用に三脚を購入。

140610b

「SLIK Baby」2,691円なり。

自然派を意識してグリーンをチョイス♪

カメラ女子向けにSLIK女性開発担当が企画したそうな。

かわいいバックもセットです。(しかもサイズ的に望遠鏡も一緒に入る)

140610c

これで娘も少しはノってきてくれるかな?

早速セットしてみました。

140610d

こじんまりしすぎてるかも・・・

思ったよりやや貧弱な三脚ですが、まあ、女子向けだからこんなもんか。

一応、小さいながらも最大重量が2kgまでと、他の同レベルの三脚に比べてやや強そうだったのと、雲台が3wayの方が使いやすいのではないかと思って選びました。(同価格帯の多くは1kgまでが多い)

 

続いてコレ。

140610e

「Vixen デジタルカメラクイックブラケットⅡ」7,245円。

こちらは「コリメート法」で撮影する道具です。

ネットでいろいろと調べた結果、自作でもなんとかなりそうでしたが、今後のことも考えるとこれが汎用性が高そうだったので。

一応今回の手作り望遠鏡はあまりにもチャチなので、このような道具との使用に関しては書いておりませんでしたが、無理矢理装着してみました。

140610f

望遠鏡の材質はプラスチックで、予想通り装着物の方が重すぎてバランスが悪くなってしまいますが、一応35倍の方には付けられました。

事務所内から入り口の窓越しに外を試し撮り。

140610g

15mくらい先の雑草を狙います。

望遠鏡のピント合わせはなんとかなりますが、カメラのピント合わせは装置が軽いし、シャッターボタンに触っただけでブレまくるので苦労します。

それでもなんとか撮影。望遠鏡では上下左右が逆になります。

140610h

 

なんか、コントラストが低くてネムイ画像ですが、上下左右を反転してレタッチ。

140610i

水槽内の水草みたいな写真になってしまいましたが、アリなども確認できます。

このセットならこんなものなのでしょうか?

真っ暗に近い星空で、ピント位置が無限遠ならもう少しマシになるのかな?

とりあえず次回の夜空が楽しみなのですが、しばらく梅雨空が続く予報なんですよね・・・

 

 

カテゴリー: モノ, 天体 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です