新企画始動!

今朝の富士山。

ほぼ快晴!

 

そして寒い!

 

今日は青富士と、

 

赤富士を撮りました。

 

やはり焼ける時間帯がかなり遅くなってますね。

 

さて、今日からついに新企画始動です!

 

以前にも何度か書いてますが、セカンドバイクであるYB-1が原付のため30km/lが上限です。

なので60km/hで走っていて捕まると、30km/hのスピードオーバー。

かなりイタい違反になってしまうので、なんとかして合法的に30km/h以上で走りたいと思っておりました。(ちなみに私はゴールド免許)

主にネットを頼りに検討を進めていたのですが、最もお金がかからなくて簡単なのが、改造をしないで排気量アップの改造申請をするというもの。

つまりウソつきですね。

これで黄色ナンバーになれば30km/h以上で走っても問題ないのですが、そもそもウソついてるのが耐えられません。

ってことで、次の候補は実際に排気量アップの改造をするというもの。

しかし、考えると、これが一番お金がかかって面倒なんです。

ということで次なる手段は乗り換え。

50cc以上の原付2 種と呼ばれるバイクなら、高速道路には乗れないけど60km/hとかで走れるし、2段階右折もありません。

まあやっぱりこれが一番手っ取り早いかと。

そこで、色々と調べてみたのですが、90cc〜125ccまでで安く手に入ってカッチョいいバイクってなかなかないんですよね。

で、「安さ」だけで調べていくと、中国製にたどり着きます。

国産メーカーが中国や東南アジア向けに中国の工場で作って、そのまま現地や発展途上国に輸出しているバイクがあるんです。

このバイクはメーカーだけは日本ですが、日本向けには設計されていないようで、パーツなども国産車とは質が違うらしいけど、まあそれなりには使えるし、とにかく安いと。

いう事で、輸入車という形でいくつかのバイク販売店が取り扱っているようです。

そんな中で目をつけたのがHONDAのCG125とYAMAHAのYB125SPです。(SUZUKIもあるのですが、カフェレーサーっぽくないので)

調べを進めると、CG125は取り扱える店がYB125SPに比べるとやや少ないように思えるのと、デザイン的にYB125SPの方がそのままでもカフェレーサーに近い感じがします。

って事で、YB125SPを中心に探してみていたので、先日お友達ができたというわけです。

もちろん私もその気になってYB125SPを探しましたよ。

新車でも手に入れることは可能ですが、カフェレーサーにいじる前提で新車を買うこともないし、中国製とはいえ新車はそれなりのお値段がしますから、中古車やオークションなどで探しておりました。

ただ、オークションの場合、ただでさえサポートが怪しいのに個人的に購入したものをどこのバイク屋に持っていけば面倒見てもらえるのか全く不安です。

が、YB-1の時もそうでしたが、結局自分でなんとかする楽しみもあるかもしれないと思って、この際だからオークションも視野に入れて安いものを探してました。

もちろん乗り換えとなればYB-1を手放しますので、YB-1をオークションに出してその反応で売れそうな値段を探りながらターゲットを絞っていたわけですよ。

つまり、できる限りお金を払わずに、わらしべ長者的にステップアップしていくのが面白そうだと。

で、これまで2件YB125SPにアタックしましたが、いずれも玉砕。(理由はそれぞれですが、とにかくチャンスを逃してしまいました)

結構本気だったのですが、私の条件にあう車体と価格のバランスが合わないようで、もしかしてYB125SPとは縁がないのかな、と感じ始めて再びCG125も視野に入れて探していると、オークションではなくメルカリでかなりお安いCG125が目に止まりました。

メルカリってなんだ?

って感じですが、それよりもこのCG125は熊本製だったのです。

CG125を調べていてわかったことですが、その昔HONDAは熊本でもCG125を作って輸出していたそうで、1998年製のものが日本国内で国産(ですが輸出用車両)としてわずかに走っているようです。

しかも!

海外製は5速ロータリーギアでセルモーター付きなのに対し、熊本製は4速リターンでキックのみ。(他にも細かい仕様は異なります)

ロータリー式は何となく避けたかったというのもあって、CG125ではなくYB125SP(ロータリーギアでセル付き)に心が寄っていたということもあります。

が、ナント、熊本製はリターン式だし、個人的には(バッテリーレス化も視野に入れて)不要だと思っていたセルモーターもついてないじゃないですか!

古い車体なので、もちろんくたびれている可能性は高いのですが、パーツの入手が海外製品に比べると少しはマシらしいというあまりアテにはならない情報もありまして、しかもとにかく今までになく安く、YB-1が売れそうな価格よりも安い、つまり文字通り「わらしべ長者」になれそうだったし、これまでにYB125SPを2度も逃している経緯もあって、訳もわからず勢いでメルカリのアカウントを取得して購入してしまいました。

仕事諸々のタイミングなどあってなかなか引き取りに行けなかったのですが、本日無事に引き取ってこれましたので、今日から新企画始動となりました。

ちなみに、出品していた方は大学生のイケメンナイスガイでした。

とても良い人で結果的にも良い取引ができたと思っています。

今日は他の仕事もあったり、とにかく運転で気疲れしたので、細かいチェックなどは後日落ち着いてからゆっくりしすることにして、とりあえず到着時の写真だけ。

うーん、極めて東南アジアっぽいデザインです。

一応国産のCB125JXとやらと共通パーツもあるらしいけど、エンジンだけは決定的に異なります。

海外でもタフに使えるようにメンテナンス性を重視してOHVという比較的簡単な構造らしいけど、私にはよくわからないのでこれから勉強します。

とにかくセパハンにしてシートを変えて、タンクを塗り替えればカフェレーサーっぽくなると思いませんか?

 

ハンドルはハリケーンのコンドルに交換されてますが、出品者の前のオーナーが変えているそうです。

 

エンジンも少し錆びてますが、磨けば綺麗になるでしょう。

このフレームにMADE IN JAPANの文字が。

 

フロント周り。

タイヤの溝はまだありそうですが、ヒビ割れているので交換かな?(ちなみにすでに純正ではありません)

 

リア周り。

チェーンは新品交換済みだそうですが、リアショックのサビがきになる。

タイヤはフロントと同じ状況です。

気になったのがグラブバーが左側しかついてなかった。(両方欲しかった)

 

メータ周り。

 

サイクルコンピュータをつけてトリップメーター代わりに使ってたそうです。

個人的にはこのメーターボックスが高い位置にあるのが気に入らないのですが、これを移動するのにはかなり苦労しそうです。

 

そしてYB-1の時にも苦労させられたウザいカラーがついています。

ライトも社外品に変えられてます。(純正は四角い)

 

ハンドル周りもサビてますが、磨けば綺麗になるかな?

ちなみにこの部分は熊本製と中国製ではかなり異なるらしいです。

 

といった感じです。

YB-1の時との違いは、今の時点で不具合もなく、ナンバー取ればすぐに走れることです。

これは嬉しい。

ですが、この東南アジアっぽいのを何とかしてカッチョいカフェレーサーに仕上げていきたいと思います。

今回はYB-1の時よりもゆっくりペースで楽しみながら進められたらいいな。

冬だし。

 

 

カテゴリー: バイク・車, 日記 タグ: , , , パーマリンク

新企画始動! への2件のフィードバック

  1. MA2P のコメント:

    こんにちは。
    CG125ゲットおめでとうございます(^0^)/

    全体的にカッコいいですね!
    ハンドルもシートも良いんじゃないですか?!

    タンクはシールがあるから東南アジアっぽいのかな?
    何色に塗り替えるのか楽しみです。
    僕の好みだとタンク、メーター、ウィンカー、ミラーを変えるとカッコ良さそうですね
    今度タイミングが合いましたら見させてください(^-^)

    • Hitoshi Oikawa のコメント:

      ありがとうございます。
      まずはサビ取りから地道に進めます。
      私としてはタンクはそのままでハンドルとシートを変えたいと思っているんですよ。
      まあ作業を進めながらのんびり考えてみます。
      DUCATIならいつでも出せますので、ぜひお誘いください。
      でも寒いからまた車になっちゃいますかね??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です