ハウジング新調

本日の一枚。

終日雨なのでこんな写真。

 

実は、SEA&SEAからハウジングのセールのご案内をいただきまして、以前からカメラシステムの新調を検討していたので思い切って1台購入することにしました。

今まではD300とD7000を使っていたのですが、流石に1200万画素のD300では仕事的に厳しいのと、どちらの機材でも動画が30fpsですら撮れないというヘボっぷりなので止むを得ず。

セールのハウジングがD500用とD7100(D7200も可)があって、結構迷いました。

D500は持っているので、ハウジングだけ購入すれば使えますが、ハッキリ言ってD500の良いところは水中では全く使えません。

そしてD7100用のハウジングの方がさらにお求めやすい価格だったのですが、現行モデルはD7500なので何世代も古い機種になってしまいます。

でも、及川調べによると、D7200からD7500では連写性能がかなり向上しているらしいですが、結局それも水中ではあまり意味がありません。

しかも、D7500はD500と同じ2000万画素クラスのセンサー(高感度重視)なのに対し、D7200は2400万画素と少しだけ画素数が大きいんです。

ってことで、負け惜しみのようですが、水中では連写性能も高感度撮影も重要な項目ではないことから、水中専用としてはD7200で十分だと判断してカメラとハウジングを購入することに。

残念ながら、現在のところなかなか水中撮影の業務がありませんで、フルサイズを買ってブイブイ言えるような状況ではないのが恥ずかしいのですが、数世代前の中堅機であるD7200とさらに古いD7000の2台を水中撮影のメイン機材にして細々といこうかと思っております。

こんなのしか買えないってのが情けない。

 

本当は新しい方をワイド機にするつもりですが、とりあえずD300からレンズやポートなど使える機材を引っ越してみました。

こうみても、D300のハウジングはコンパクトで使いやすかったですね。

画素数や動画機能を気にしなければ、今でも全然使えるんですけどね。

本当に良い機材だっただけになんか複雑です。

残念だけど今回の購入費用の足しにヤフオク行きかなぁ・・・

 

ちなみに陸上用のカメラですが、富士吉田に戻ってからは陸上の撮影の方が多めで、こちらもすでに古いD800をメインに、子供など動く被写体の場合にはD500を使っています。

 

ま、身の丈にあった機材を壊さないように大切に使っていきます。

 

カテゴリー: モノ, 撮影, 日記 タグ: パーマリンク

ハウジング新調 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ローガンにやられる | としろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です